×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイヴィトンの財布の前に創業者と歴史について

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)は1854年に創業者、その名の通りルイ・ヴィトンによってフランスはパリのカプシーヌ通りに設立。当初は、世界初の旅行鞄の「アトリエ ルイ・ヴィトン」でした。当時は世界的な輸送機関の発達により移動距離も移動スピードも目覚ましく進歩し始めており、ルイヴィトンはそこに着目し、従来の丸いトランクではなく、重ねて積み上げることができる平らなトランクや防水加工が施された布「グリ・トリアノン」を生地にしたトランクなど、デザイン性が高いにも関わらず移動しやすいというトランクを開発し、貴族や皇族から高い評価を得るのです。後に、ルイヴィトンは財布やバッグ、キーケース、などの世界的な流行を常に一歩前を行く存在となるのです。
当時のトランクをご覧になった事がありますか?そのデザイン性はいまでも認められていて、機能性も考慮し、数も少ないので高値で取引されています。ルイヴィトンは当時のナポレオン3世皇妃ユウジェニーにも認められ専属荷造り職の命を受け、名声も高まりブランドとしての基盤を作り上げていきました。

ルイヴィトン財布の一番人気「モノグラム」シリーズ

ではルイヴィトン財布(長財布)で人気商品を紹介、検討してみましょう。まずは「ルイヴィトン モノグラム ジッピー」です。コンパクト性と収納性に優れその機能性から人気ナンバーワンに君臨している。値段も5万円代からあるようだが相場は6,7万円代なので偽物に引っかからないようにしたい。「ルイヴィトン ジッピー」で検索しよう!
続いて「ルイ・ヴィトン モノグラム ポルト トレゾール・インターナショナル 」こちらは長財布の1番人気!三つ折りタイプで中央にペンホルダーを装備。スナップの開閉も人気で使い勝手も楽です。大人気の為、複数のラインナップにより展開。M61215(旧型)/M61217(新型)。
続いてガマ口タイプの「ルイ・ヴィトン モノグラム ポルト モネ・ビエ ヴィエノワ」収納力の大きながま口をもっているコンパクトな財布です。こちらも人気のため、複数ラインナップで展開。M61663(旧型)/M61674(新型)。新型の相場は6万円代のようです。

ルイヴィトン財布、「ダミエ」シリーズ

ルイヴィトン財布「ダミエ」ですが、ここでまめ知識。1888年に世界初の商標登録商品としてダミエは誕生します。が、その後、偽物などの横行により生産中止にまで追い込まれます。その100年ほど後の1996年に限定版として、やっと復刻されました。今でも人気は衰えていません。では、ルイヴィトン財布、「ダミエ」シリーズですが、まずは、「ジッピーN60003」です。オールインワンタイプで、パスポートやチケットも収納できます。こちらは8〜10万円が相場のようです。次に「ルイヴィトン ダミエ ポルトフォイユ・コアラ N60005」の財布です。特徴的なのは開閉のときにつまむプレスクリップ金具がコアラの鼻のようになっており、女性を中心に人気があります。背面には小銭の取り出しに重宝するファスナー式ポケット、内側には証明書が入る透明窓付きポケットがあり、デザイン性だけでなく機能性も良いコンパクトなお財布です。こちらも7万円辺りが相場です。まだまだ、紹介しきれないルイヴィトンの財布はたくさんあります。「ルイヴィトン財布」で検索してみて下さい!

Copyright © 2007 ルイ・ヴィトンの財布をお探しですか?